九州(福岡・長崎・大分・佐賀・熊本・宮崎・鹿児島)の新電力は濱田企画へお任せください。

イーレックス株式会社 正規代理店

お見積り・お問い合わせ

九州の新電力のことなら濱田企画へ

099-297-4879

新電力とは

電力会社は選ぶ時代

2000年3月より、自由化対象のお客様は、電気事業者を選ぶことが可能になりました。これは航空・通信・金融の各業界で行われてきた規制緩和の一環であり、国際的に割高な電気料金を競争原理の導入により引き下げ、国際競争力の回復を図るという背景がありました。
そして2013年には、電力小売の完全自由化や発送電分離を視野に入れた段階的な電気事業法の改正が決定し、電力市場の競争がさらに増してきました。
このように、エネルギーをめぐる環境が激動する時代にあって、イーレックスは、「競争力のあるエネルギーを安定的に供給し続ける」という社会的使命を全うするために、これからも企業価値を高め、選ばれる電気事業者であり続けたいと思います。

電力小売自由化の範囲

hani

 

「特別高圧」のお客様

erabu01

受電電圧 20,000V以上、原則2,000kW以上の契約規模
デパート・ホテル・オフィスビル・大学・病院・官公庁施設・工場・複合施設(ショッピングセンター)など大規模な施設

「高圧」のお客様

erabu02

受電電圧 6,000V、500kW以上の契約規模
テナントビル・オフィスビル・スーパー・ホテルなどの中規模な施設

erabu03

受電電圧 6,000V、50kW以上の契約規模
スーパー・レジデンスビルなどの小規模な施設

「低圧・電灯」のお客様

erabu04

「低圧」受電電圧100V以上及び「電灯」受電電圧100Vのお客様は2016年4月1日に自由化がスタートしました。
商店・コンビニエンスストア・一般家庭など

電力供給の仕組み

イーレックスは、契約する発電施設が発電した電気を、電力会社の送電線網を使用し、ご契約いただいたお客様に供給いたします。
お客様が受電される電気の安全性・信頼性はこれまでと一切変わりません。
万が一、イーレックスが契約している発電設備にトラブルがあった場合でも、お客様はイーレックスと電力会社のバックアップ契約によって保護され、普段と変わりなく電気を使用することができます。

現状の電力供給の仕組み

現状の電力供給の仕組み

ご契約の流れ

flow_pc
flow_sp

まずは、料金・条件等をご案内させて頂く為に、お客様の電力使用に関する各種データをご開示いただきます。

バイオマスをはじめ、多様な電源の確保を通して、安定した電力供給に努める

tosa01

国内最大級のバイオマス発電所
イーレックスニューエナジー株式会社 土佐発電所

所在地
高知県高知市
発電方式
バイオマス発電方式
燃料
PKS(パーム椰子殻)
出力
定格出力29,500kW

多様な燃料を安定燃焼させることができる「流動層ボイラー」を活用。
PKSを主燃料として発電しています。

電気の安定供給のために、より一層の自社発電所の拡大に努めていく

tosa02安定的な電力供給を実現するために、多種多様な燃料検討を行い、電源の確保に努めいます。なかでもPKSを使用したバイオマス発電による再生可能エネルギー開発を積極的に進めています。
PKS(Palm Kernel Shell)とはパーム椰子の種からパーム油を搾油した後の椰子殻のことを指します。PKSを燃料として発電するバイオマス発電は、二酸化炭素排出係数を低減できるクリーンなエネルギーとして注目されており、安定した発電方式でもあります。
イーレックスは政府の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に基づき、再生可能エネルギーの育成に努めています。また、電力会社と同じ送電線網を利用しているため、電力供給面における高い信頼性が確保されています。万が一、発電設備にトラブルがあった場合でも、ご契約中のお客様は、イーレックスと電力会社のバックアップ契約によって保護されるため、お客様が受けられる電気の安全性・信頼性は一切変わることなく通常通りご使用いただけます。イーレックスは今後も、お客様にご満足いただけるエネルギー供給を実現するために、より一層の努力を重ねてまいります。

tosa05 tosa03 tosa04

過去のお知らせ